からだにいいアロマ

yuzuaroma.exblog.jp
ブログトップ

要注意!ノロウイルス流行

健康と美容
ノロウイルス流行の兆し 昨年の2倍超
健康 - エキサイトニュース

嘔吐や下痢を繰り返す感染性胃腸炎の患者が急増していることが、国立感染症研究所の集計で20日、分かった。ほとんどはノロウイルスが原因とみられる。この時期としては過去10年で2番目に多く、昨年の2倍以上に上る。同研究所は「予防には、せっけんを使って手洗いをしっかりすることが大事。子ども症状がある場合は保育園や幼稚園、学校に行くのを控えてほしい」と話している。



冬になるとはやりだすのがインフルエンザとこのノロウィルス。今年は去年より2倍も多いということなので気をつけなくてはいけませんね。
子供やお年寄りの病気と思われがちですが、それ以外の年代の人でもかかる可能性はあります。実は私も子供が保育園に通っているときに罹ったことがあります。そのときは明け方に猛烈な胸焼けと吐き気で悶絶しました…。回復までに数日かかりました。

ノロウィルスの予防法としては、インフルエンザ同様「うがい手洗い」が基本ですが、ウィルスの消毒にアルコールが効きにくいのが難点です。
ノロウィルスの消毒には「次亜塩素酸ナトリウム(キッチンハイターなどの塩素系漂白剤)」が効果的です。

~ノロウィルス消毒液の作り方~
500mlのペットボトルを用意します。ペットボトル1杯分の水に、ペットボトルのキャップ(約5ml)1杯の次亜塩素酸ナトリウムをいれ、100倍に希釈します。

この消毒液は、手すりやドアノブやトイレの掃除に使います。家具など変色が心配なものはその後水拭きします。また酸性の洗剤と混ぜないこと、手あれしますので手袋をして使ってください。

その他に家庭で気をつけるのは食品を加熱して摂ること、食器や調理道具は塩素系漂白剤で消毒するか煮沸消毒することです。洗面所のタオルなども家族別々のものを使ったほうがいいです。


このノロウィルスの治療薬はありませんので、基本的には対処療法になります。ノロウィルスにかかってしまった場合気をつけなくてはいけないのは、脱水症にならないようにスポーツドリンクなどで水分補給します(嘔吐がある場合は少量ずつ)。下痢止めは却って回復を遅らせるので使用しないようにします。小さなお子さんの場合、脱水症状が進むと危険ですので、下痢や嘔吐の症状が現れたら医療機関の受診をおすすめします。
[PR]
by juniper12345 | 2010-11-23 11:36 | 健康ニュース