からだにいいアロマ

yuzuaroma.exblog.jp
ブログトップ

カラダに効くアロマオイル 「ラベンダー」

健康と美容

アロマテラピーといえば、やはりこの精油を外すわけには行きません。「ラベンダー」です。
「ラベンダー」の語源になったラテン語「ラワーレ Lavare」には「洗う」という意味がありますが、これは古代ローマ人は沐浴の時にラベンダーを浴槽に入れていたことに由来します。古代からラベンダーの効能が広く認知されていたという証でしょう。また、ヨーロッパではリネンウォーターとしても使われていますが、これは安眠効果がラベンダーあることを知っていたからでしょう。

ラベンダーは主に鎮静・安眠効果が高いことで知られています。緊張の強いとき、心配事で眠れないときには緊張や不安を解きほぐしリラックスさせてくれます。不安感の強いときはぬるめのお湯にラベンダーカモミールを入れたアロマバスに入るとより効果的。
殺菌作用もあるので、風邪のはやる季節には芳香浴などで部屋に香らせておくといいでしょう。こちらで紹介した「エアーフレッシュナー」も、ティートリーをラベンダーに替えて作っても同等の効果があります。
この精油の特徴として、肌に直接つけることができる、ということがあげられます。虫刺されやちょっとしたやけど(調理中の油はねでできる程度のもの)、プツッとできたにきび・吹き出物などに、ほんの少量つけます。私も良くやりますが、腫れて痛いにきびに効果があるように思います。
ただし、大量につけるのは厳禁です。少量を綿棒などに含ませてつけるようにします。

ラベンダーはアロマテラピーでは欠かすことのできない精油です。常備薬のようにいつも手元においておきたい1本です。
[PR]
by juniper12345 | 2010-11-26 08:04 | アロマ