からだにいいアロマ

yuzuaroma.exblog.jp
ブログトップ

歯を失うと認知症になりやすい-リスク1.9倍

健康 - エキサイトニュース

最近、歯周病が心筋梗塞の原因になったり糖尿病の血糖のコントロールを難しくしていることが分かり、歯や口の中の衛生が全身の健康に影響を与えると広く知られるようになりましたが、歯が無いと認知症になるリスクが1.9倍にもなる、という気になるニュースがありました。

認知症の発症リスクは、▽20歯以上の人に対して、歯がほとんどなく義歯未使用の人は1.9倍▽何でもかめる人に対して、あまりかめない人は1.5倍▽かかりつけ歯科医院のある人に対して、ない人は1.4倍 なんだそうです。歯を失う原因となる歯周病などの炎症が直接脳に影響を及ぼすことや、かめなくなることによるそしゃく機能の低下が認知機能の低下を招いている可能性が高いのではないかということのようです。
認知症についてはその他の要因もあるでしょうから、歯だけが原因とはいえないと思いますが、歯や航空内ののケアを行うことがリスク要因を減らすことになりますから、これからきちんとケアしていくことが大切ですね。

わたし自身も、普段気をつけて磨いているつもりではありますが、歯科医で定期健診を受けたりはしていないので、これからは年に一度くらいは診てもらうようにしようと思います。

【ポイント最大10倍】ブラウン オーラルB プロフェッショナル D205353  3D丸型回転 歯間ワ...

【ポイント最大10倍】ブラウン オーラルB プロフェッショナル D205353  3D丸型回転 歯間ワ...
価格:15,435円(税込、送料込)


[PR]
# by juniper12345 | 2011-01-29 10:50 | 健康ニュース

ウナギが一番おいしい季節は冬

ウナギの旬が冬って知ってました?(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース

うなぎといえば「夏の土用丑の日」に食べるのが習慣となっていますが、うなぎの旬は「冬」なんですね。夏の土用丑の日に食べるのは、幕末の学者・平賀源内が、夏に売れないというウナギ屋に薦めたことがきっかけのようですが、今はむしろ夏場によく食べるようになっていますね。

うなぎにはビタミンAや脂質、ビタミンB1、B2、E、D、カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛、とビタミンやミネラルが豊富に含まれていますので、夏バテに効くのも事実。さらにDHAやEPAも含まれていますので、抗酸化作用があり動脈硬化の予防にも効果的。夏だけでなく冬も摂りたい食材ですね。また、皮にはコラーゲンが含まれていますので、美肌にもいいですね。

うなぎのくさみや皮が苦手な方も多いと思いますが、独特の臭みはついているたれをぬるま湯で洗うと臭みがとれます。また、皮を柔らかくするには「お茶」で煮るといいですよ(フライパンにひたひたのお茶を入れ、皮を下にして弱火で数分煮ます)。私自身、以前はあまり好きではなかったのですが、この方法で調理するようになってからは好きになりました。

冬のうなぎは脂がのっていて美味しいそうです。栄養豊富なうなぎは季節を問わず食べるようにしたいですね。


贈り物お祝い誕生日ギフトにも★送料無料!焼いてすぐ真空パックした鰻蒲焼♪新鮮さと香ばしさ...

贈り物お祝い誕生日ギフトにも★送料無料!焼いてすぐ真空パックした鰻蒲焼♪新鮮さと香ばしさ...
価格:4,280円(税込、送料込)


[PR]
# by juniper12345 | 2011-01-22 14:26 | 健康ニュース

そろそろ花粉の季節です

ネットコラム - エキサイトニュース
今年の花粉は昨年の10倍!? 花粉症とは縁の無かった人も要注意


1月も半ばを過ぎると、テレビなどで「花粉症」の言葉を耳にするようになります。今年は、去年夏の記録的な猛暑のため例年の5~10倍の飛散量だとの予報もありますね。急に花粉が増えるシーズンは、それまで発症していなかった人が発症する可能性もあるので注意が必要ですね。

花粉症にいい精油といえば、ユーカリティートリーなどがあげられます。どちらもスーッとする爽やかな香りが鼻づまりなどの不快な症状を緩和してくれますし、ティートリーは免疫力を向上させる効果もありますので、花粉の飛散が始まる前から芳香浴などで利用しているといいかもしれません。アロマオイルを使える加湿器を利用すれば室内の花粉が舞い上がるのを防いでくれるのでなおいいですね。
また、症状がつらくて眠れないときはラベンダーやカモミールなど、安眠効果が高いものがオススメです。

とはいえ、アロマテラピーは薬ではありません。あくまで「補助的なもの」と考え、適切な時期に医師の診断を受けましょう。

健康と美容
[PR]
# by juniper12345 | 2011-01-20 20:35 | 健康ニュース

インフルエンザ 新型も増加

健康 - エキサイトニュース

新型インフルも増加 昨年末、10週連続

 国立感染症研究所は7日、昨年12月20〜26日に全国約5千の定点医療機関から報告されたインフルエンザ患者数は9863人(1医療機関当たり2・06人)で、10週連続の増加となったと発表した。前週には全国的な流行入りをしている。これまでは季節性のA香港型のウイルスが多く検出されていたが、直近の報告数のまとめとなる11月下旬からの5週間では、新型がA香港型をやや上回った。



年末年始にかけてインフルエンザの感染者が増加していますが、A香港型が主流とみられていたのが新型が増加してきたようですね。

新型の場合、昨年度大流行したときは学校が中心だったので、感染者は若年者だったので、それ以外の年代は免疫が無いので注意が必要との事です。それに、昨年はかなりテレビのニュースなどで報道されていてマスクを付けている人が非常に多かったのですが、最近はあまり見かけません。インフルエンザを予防しようという意識が薄れているのかもしれませんね。

手洗いうがいも大事ですが、やはり食事と十分な睡眠が免疫力を高めてくれます。バランスのとれた食事としっかり睡眠をとることを心がけたいですね。
[PR]
# by juniper12345 | 2011-01-12 20:40 | 健康ニュース

カラダに効くアロマオイル 「サンダルウッド」

本格的に冬の季節になってきました。風邪やインフルエンザもそうですが、この時期はいろいろ忙しくて体調を壊しやすい時期です。
こんな時期に活躍してくれそうなのが「サンダルウッド」です。

サンダルウッド(ビャクダン/白檀)は、よく「お寺の香り」と言われる、日本人にとってなじみ深い香りです。インドのアーユルベーダでは万能薬として、また中国の漢方でも使われてきました。古くから宗教儀式に使われてきたことからも分かるように、非常に鎮静(リラックス)効果の高いエッセンシャルオイルです。

主な作用としては、のどの痛みや咳など呼吸器系のトラブルに効きますので、つらいときにはアロマポットなどで焚いて香らせてもいいですし、マグカップなどに入れてそばにおいておくのもいいですね。

また、肌に対しては、ひびわれやあかぎれに効果があると言われています。ミツロウキャリアオイルでクリームを作ってこまめにぬれるようにしておくといいですね。かかとのカサカサにも効果ありです。

サンダルウッドの精油は粘度が高いため、寒い時期には出にくくなります。室温においてすこし温めてから使いましょう。
[PR]
# by juniper12345 | 2010-12-21 20:23 | アロマ