からだにいいアロマ

yuzuaroma.exblog.jp
ブログトップ

今シーズンの新型インフル、乳幼児や成人に広がる恐れ

健康 - エキサイトニュース

本格的なインフルエンザ流行シーズンになりました。今年はすでにニュースになっているように「A香港型」が6割以上だそうですが、新型も3割ほどに上っているとか。
でも油断はできません。昨シーズン新型が流行したのは小中高校生などの若年層でしたが、それ以外の年代で抗体のない世代、乳幼児や成人に広がる可能性があるそうです。

昨年は徹底してマスクの着用や手洗いうがいが行われ、公共の建物・スーパーなどの人の出入りの多い場所ではアルコール消毒液が入り口に備え付けられるようになりました(手洗いうがいが徹底されたおかげでノロウィルスの発生が少なかった、という話もあります)。
しかし、今年はあまり意識が徹底していないように感じます。外を歩いてもマスクをしている人は少ないですし、人ごみや電車のなかで手も当てずにせきをしている人を多々見かけます。

日ごろから気をつけるところは気をつけて、体力や免疫力が低下しないように睡眠や休養をしっかりとることが大事です。
こちらでもご紹介しましたが、体温が下がると免疫力が低下しますので、正しい入浴と軽い運動などで体温をしっかり上げてインフルエンザにかからないように気をつけましょう。
[PR]
# by juniper12345 | 2010-12-18 09:29 | 健康ニュース

サルも「いい湯だな」と露天風呂

社会総合 - エキサイトニュース

北海道函館市の市営熱帯植物園で15日、ニホンザル約100匹がサル山の池に湯を引いた露天風呂で、この冬一番の寒さをしのいだ。雪が降る中、サルたちは湯煙に包まれ、絶妙の湯加減に気持ちよさそうに目を閉じていた。はしゃいだ子ザルが湯船に飛び込んだり、泳いだりした。湯加減には厳しく「ぬるま湯は入らないので温度調節に気を使う」と同植物園。


寒さが厳しくなるこの季節、人間だけでなくサルもお風呂をたのしんでいるんですね。
人間にとっても、この季節のお風呂は健康にとって良い点があります。それは、最近話題の「低体温」の改善です。
「低体温」とは、平熱が36度未満のことを指します。低体温はストレスや生活のリズムの乱れによって自律神経のバランスが崩れて起こります。
低体温の一番大きな問題は「免疫力の低下」です。体温が1度下がると免疫力は30%低下し、逆に1度上がると免疫力は5~6倍もアップすると言われていますので、体温が低い状態が続くといろんな病気にかかりやすくなるのです。
どのように体温を上げればいいか?最も簡単なのが「お風呂」です。
NHKの「あさイチ」で紹介されたのは、体温が一度上がる目安は「額がじんわりと汗ばむ」くらいの温度、ということです。あまり暑すぎるのもいけないということです。
このところ、インフルエンザやノロウイルスだけでなく、マイコプラズマ肺炎がかなり流行っているとの事。免疫力を高めて病気にかからない体を維持したいですね。

【保温タイプ】風呂バンス600 - お風呂革命の決定版!【smtb-s】

【保温タイプ】風呂バンス600 - お風呂革命の決定版!【smtb-s】

価格:11,755円(税込、送料込)


[PR]
# by juniper12345 | 2010-12-15 20:09 | ニュース

ご飯が炊ける弁当箱

ご飯が炊ける弁当箱は会社でつかえる?(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース

「ご飯が炊ける弁当箱HOTディシュラン」、なんと発売3カ月で1万個を売り上げたというからすごいですね。

この商品の面白いのは、ご飯を炊くときの蒸気でおかずを温めることができる、という点です。
手作りのお弁当は、外食やコンビニのお弁当より安上がりだしおかずにいろいろ工夫することが出来るので健康的なのですが、作って食べるまでにさめてしまうのが難点。保温できるランチジャーを使ったり、職場に電子レンジがあったりすればいいですが、そうでないと特に冬場は気になりますね。

お値段は6980円と、普通のランチジャーよりはちょっとお高いですが、機能を考えると安いともいえますね。

記事では、お弁当箱としてだけでなく、家庭で炊飯器代わりに使っているということでしたが、一人暮らしの人やほんの少量食べる場合は便利かもしれませんね。

【送料無料】健康志向のあなたに!【Park】炊飯器内蔵弁当箱■HOTディシュラン(ホットディシュ...

【送料無料】健康志向のあなたに!【Park】炊飯器内蔵弁当箱■HOTディシュラン(ホットディシュ...

価格:6,480円(税込、送料込)


[PR]
# by juniper12345 | 2010-12-12 11:20 | ニュース

視力0・3未満の小学生7・3%で過去最多に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101210-00000007-yom-soci

 視力が「0・3未満」の小学生の割合が7・55%となり、過去最高を更新したことが9日、文部科学省の学校保健統計調査でわかった。

 小学生全体で推計すると50万人を超え、同省は「幼い頃からゲームなどで画面を見る時間が増えているため」と分析している。

 調査は今年4~6月、全国の2割にあたる約135万人を対象に実施。同省が最も低い視力と分類する「0・3未満」の小学生の割合は、前年度比0・28ポイント増の7・55%で、統計を取り始めた1979年度(2・67%)の3倍近くとなった。




私が小学生のころはメガネをかけている子はクラスに一人か二人でしたが、最近、メガネをかけている小学生が増えたなと思っていましたが、やはり視力の低下している子が増えているんですね。
原因は「ゲーム」というのはやはりと言う感じ。近所の公園では、DSをつき合わせてゲームをしている集団を多数見ます(主に男の子)。外で遊ぶ子も減っているのかもしれませんね。

視力は一度低下してしまうと元には戻らないので気をつけたいですね。
[PR]
# by juniper12345 | 2010-12-10 07:56 | 健康ニュース

和のアロマ 

和のアロマ ~寒い夜のほかほかレシピ~(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース

「アロマテラピー」というと、外国が原産のハーブや植物を思い浮かべることが多いと思います。でも、いかにも日本的なエッセンシャルオイルがあります。「柚子(ユズ)」や「檜(ヒノキ)」などです。

柑橘系というのは割と万人受けする精油だと思いますが、中でも私は柚子のアロマオイルが大好き。さわやかな香りの中に少し苦味がある香りが気分をスッキリさせてくれるのです。ちょっと疲れたな、と言うときに柚子の香りを嗅ぐと元気付けてくれるように感じます。

柚子といえば、もうすぐやってくる冬至の習慣、「柚子湯」がありますね。血行を促進してくれる柚子は湯冷めしにくく風邪予防にも効果的です。
果物の柚子だとたくさん入れなければ香りがしにくいし、柚子の収穫時期は10月~12月と短いので手に入る期間が限られているのですが、エッセンシャルオイルなら、一年中、簡単に「柚子湯」が楽しめます(お風呂に入れて楽しむ場合、肌への刺激が少ない「水蒸気蒸留法」のものをお選びください)。

「ヒノキ」もまた日本人にとってはなじみの深い「木の香り」です。こちらも「ひのき風呂」としてお馴染みです。精油に使われる同じヒノキ科の樹木のなかではサイプレスに近い香りだと思います。ヒノキの香りを嗅ぐと、まるで森林浴をしているかのような爽やかな気分になれます。お部屋の空気が少しよどんでいるな、と感じたときに使うと、空気がスッキリします。

柚子やヒノキなどの「和のアロマ」は、日本人が昔から自然と楽しんできた香りだからでしょうかか、どこか懐かしい気持ちにさせてくれる、そんな精油です。
[PR]
# by juniper12345 | 2010-12-07 22:44 | アロマ