からだにいいアロマ

yuzuaroma.exblog.jp
ブログトップ

タグ:健康 ( 19 ) タグの人気記事

マイコプラズマ、インフル…感染症に警戒の季節

明日から12月です。今日は日中冬とは思えない温かさでしたが、週の中頃からは寒くなるようで要注意ですね。
先日ようやくインフルエンザの予防接種をしてきましたが、今年の感染症はインフルエンザだけではないようです。

マイコプラズマ、インフル…感染症に警戒の季節

 今秋、マイコプラズマ肺炎やRSウイルス感染症などの患者が増えている。

 国立感染症研究所によると、11月第2週(7~13日)のマイコプラズマ肺炎の平均患者数は2001年以降の最高値を記録。

 九州、山口、沖縄では全国平均を上回る県もある。西日本では寒暖の差が激しい不順な天候が続いており、感染研は「予防のため体調管理などに気をつけてほしい」と呼びかけている。

 ◆マイコプラズマ肺炎 患者数が最多◆

 感染研が全国約500の医療機関(定点機関)の報告をまとめたところ、第2週の平均患者数は1医療機関当たり1・25人で、01年以降の10年間で最も高かった0・72人を上回った。九州、山口、沖縄では沖縄県5・14、長崎県1・73、山口県1・44。福岡県も第1週の0・4から0・73に増加。北九州市では小学校の学級閉鎖も報告されている。

 マイコプラズマという細菌による呼吸器系感染症。感染研の安井良則・感染症情報センター主任研究官は「症状が風邪に似ていて外来ですぐ診断するのは難しく、重篤化してしまうケースもある」と指摘する。




マイコプラズマ肺炎は、先日天皇陛下や愛子様が感染、入院されていましたね。今年はかなり流行っているようです。
マイコプラズマ肺炎は風邪のような症状ですが、乾いた咳がなかなか治らないなどの特徴があるようです。
寒くなってくるこの季節は体調を崩しやすく、また年末ということで仕事なども忙しくなり疲労が蓄積しやすいので感染症にも罹りやすくなりますね。
食事、睡眠などをしっかり摂り、いろんな感染症にかからないよう気を付けたいと思います。


インフルエンザ、ノロウイルスなどのウイルス対策、感染予防に速乾性アルコールタイプのハンド...

インフルエンザ、ノロウイルスなどのウイルス対策、感染予防に速乾性アルコールタイプのハンド...
価格:829円(税込、送料別)





















アロマテラピーの専門店/アロマテラピーショップ夢香房
http://www.natural-life.net/aroma/
アロマポット/アロマバーナー
http://www.natural-life.net/aroma/shopping/list_aromaburner.htm
[PR]
by juniper12345 | 2011-11-30 21:45 | 健康ニュース

女子サッカー・なでしこ沢選手、体の強さの秘密は…

 なでしこジャパンの快挙から1週間以上経ちましたが、いまだに連日なでしこのニュースが報道されるように盛り上がりはなおも続いていますね。

 なでしこジャパンの主将としてチームを牽引する澤穂希選手、18年も代表として活躍し続けていますが、その秘訣はやはり「自己管理」にあるようですね。



自己管理…世界女王なでしこ沢、体の強さの秘密
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110726-00000557-san-socc

 「なでしこジャパン」ブームが続いている。ワールドカップ(W杯)で世界の頂点に立ったのだから当然と言えば当然だが、個人レベルでは、大会の最優秀選手と得点王を獲得した主将の沢穂希(ほまれ)は、世界最高の女性サッカー選手となったと言っても過言ではないだろう。今年の「FIFA(国際サッカー連盟)バロンドール」(年間最優秀選手)の女性部門で最有力候補としてノミネートされる可能性が高いように思う。受賞すれば、もちろん日本人初の快挙だ。

 その体の強さの秘密はどこにあるのだろうか。沢が所属するなでしこリーグのINACとトレーナーのアドバイザー契約を結んでいる山田晃広氏に聞いてみた。以前に紹介したことがあるが、山田氏はスペイン1部リーグのラシンでトレーナーを務め、産経新聞でコラムを執筆していた時期もある。

 山田氏は「トレーナーの世話にならない選手」と沢を表現する。かつて右膝靱帯(じんたい)損傷などのケガにも見舞われた沢だが、自己管理を徹底。山田氏は「体の微妙な変化を自分で感じ取れるようになっている」と分析する。

 沢は食生活にも気を配り、米国でプレーしていたころからなるべく魚をとるようにし、五穀米などを愛用。できるだけ肉食は避けていたという。15歳で代表デビューしてから32歳となった現在まで、日本女子サッカー界のトップに君臨し続けてきた秘訣(ひけつ)は、そういう細かなところまでこだわった“プロ意識”にあるのではないだろうか。



 さすが、トップアスリートですね。意外な点では、スポーツ選手といえば「肉」という感じがしますが、魚や五穀米などかなりヘルシー志向なんですね。そういえば、キング・カズこと三浦知良選手も、ラーメン1杯ですら栄養士に確認してから食べる、と聞いたことがあります。長く現役を続けていくためには厳しい自己管理が必要なんでしょうね。
[PR]
by juniper12345 | 2011-07-29 10:54 | 健康ニュース

丑の日前に養殖ウナギが値上がり

 いよいよ暑い夏がやってきました。
 夏といえば、「土用の丑の日」、うなぎを食べて元気をつける、というのがならわしですが、今年はそのうなぎが値上がりしているようですね。


丑の日前に養殖ウナギが値上がり 稚魚不漁で最高値水準
社会総合 - エキサイトニュース

 21日の「土用の丑の日」を前に、スーパーや外食チェーンでかば焼きなどのうなぎの値上げが相次いでいる。稚魚の不漁で養殖ウナギの出荷価格が「史上最高値の水準」(関係者)で推移しているのが要因で、消費者にとって痛手になりそうだ。都内の大手スーパーは、大型の国産かば焼きを昨年より100円値上げし1380円で販売。「すき家」はうなぎを使う5種類のメニューについて、昨年と比べて100円値上げした。



 この「土用の丑の日」、夏場に売れ行きが芳しくないうなぎの宣伝として、平賀源内が考案したものだという説がありますが、実際にうなぎには夏バテに効果的な栄養が含まれています。

 こちらの記事でも紹介しましたが、うなぎには、ビタミンAやその吸収を高める脂質の他に、ビタミンB1、B2、E、D などのビタミンと、カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛などのミネラルが含まれています。
また、動脈硬化などの生活習慣病予防に効果的なDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)を多く含んでいます。
ですから、本当に夏バテには「うなぎ」が良いのですね。

うなぎ 蒲焼き/お中元【送料無料】ギフト/ポイント5倍/【smtb-k】うなぎ蒲焼/鰻 あす楽対応/お...

うなぎ 蒲焼き/お中元【送料無料】ギフト/ポイント5倍/【smtb-k】うなぎ蒲焼/鰻 あす楽対応/お...
価格:3,980円(税込、送料込)





 残念なことに、今年は値段が上がっているようですが、夏の暑さに負けないように、工夫して摂りたいですね。









夢香房 Yahoo!ショッピング
http://store.shopping.yahoo.co.jp/aromatherapy/index.html
アロマディフューザー/アロマミスト/アロマ加湿器
http://www.natural-life.net/aroma/shopping/list_diffuser.htm

[PR]
by juniper12345 | 2011-07-16 14:48 | 日記

インフルエンザ、ピーク越えか 患者数やや減少

年明けから新型を中心として本格的に流行していたインフルエンザですが、患者数が減少に転じてピークを過ぎつつあるようですね。
とはいっても、学級閉鎖などはまだあるようですし、今週末は雪で寒さが厳しくなるようですからまだまだ注意が必要ですね。また、新型に免疫の無い世代(乳幼児、お年寄り)は重症化しやすいのでまだまだ油断は禁物です。

健康 - エキサイトニュース

国立感染症研究所は10日、1月31日〜2月6日の1週間に全国約5千の定点医療機関から報告されたインフルエンザ患者は1医療機関当たり28・93人で、前週(31・88人)からやや減少したと発表した。同研究所感染症情報センターの安井良則主任研究官は「流行のピークはすぎつつあるが、流行の規模はまだ大きいため引き続き注意が必要だ。今後はB型の患者が増える可能性がある」と話している。

[PR]
by juniper12345 | 2011-02-11 21:49 | 健康ニュース

歯を失うと認知症になりやすい-リスク1.9倍

健康 - エキサイトニュース

最近、歯周病が心筋梗塞の原因になったり糖尿病の血糖のコントロールを難しくしていることが分かり、歯や口の中の衛生が全身の健康に影響を与えると広く知られるようになりましたが、歯が無いと認知症になるリスクが1.9倍にもなる、という気になるニュースがありました。

認知症の発症リスクは、▽20歯以上の人に対して、歯がほとんどなく義歯未使用の人は1.9倍▽何でもかめる人に対して、あまりかめない人は1.5倍▽かかりつけ歯科医院のある人に対して、ない人は1.4倍 なんだそうです。歯を失う原因となる歯周病などの炎症が直接脳に影響を及ぼすことや、かめなくなることによるそしゃく機能の低下が認知機能の低下を招いている可能性が高いのではないかということのようです。
認知症についてはその他の要因もあるでしょうから、歯だけが原因とはいえないと思いますが、歯や航空内ののケアを行うことがリスク要因を減らすことになりますから、これからきちんとケアしていくことが大切ですね。

わたし自身も、普段気をつけて磨いているつもりではありますが、歯科医で定期健診を受けたりはしていないので、これからは年に一度くらいは診てもらうようにしようと思います。

【ポイント最大10倍】ブラウン オーラルB プロフェッショナル D205353  3D丸型回転 歯間ワ...

【ポイント最大10倍】ブラウン オーラルB プロフェッショナル D205353  3D丸型回転 歯間ワ...
価格:15,435円(税込、送料込)


[PR]
by juniper12345 | 2011-01-29 10:50 | 健康ニュース

ウナギが一番おいしい季節は冬

ウナギの旬が冬って知ってました?(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース

うなぎといえば「夏の土用丑の日」に食べるのが習慣となっていますが、うなぎの旬は「冬」なんですね。夏の土用丑の日に食べるのは、幕末の学者・平賀源内が、夏に売れないというウナギ屋に薦めたことがきっかけのようですが、今はむしろ夏場によく食べるようになっていますね。

うなぎにはビタミンAや脂質、ビタミンB1、B2、E、D、カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛、とビタミンやミネラルが豊富に含まれていますので、夏バテに効くのも事実。さらにDHAやEPAも含まれていますので、抗酸化作用があり動脈硬化の予防にも効果的。夏だけでなく冬も摂りたい食材ですね。また、皮にはコラーゲンが含まれていますので、美肌にもいいですね。

うなぎのくさみや皮が苦手な方も多いと思いますが、独特の臭みはついているたれをぬるま湯で洗うと臭みがとれます。また、皮を柔らかくするには「お茶」で煮るといいですよ(フライパンにひたひたのお茶を入れ、皮を下にして弱火で数分煮ます)。私自身、以前はあまり好きではなかったのですが、この方法で調理するようになってからは好きになりました。

冬のうなぎは脂がのっていて美味しいそうです。栄養豊富なうなぎは季節を問わず食べるようにしたいですね。


贈り物お祝い誕生日ギフトにも★送料無料!焼いてすぐ真空パックした鰻蒲焼♪新鮮さと香ばしさ...

贈り物お祝い誕生日ギフトにも★送料無料!焼いてすぐ真空パックした鰻蒲焼♪新鮮さと香ばしさ...
価格:4,280円(税込、送料込)


[PR]
by juniper12345 | 2011-01-22 14:26 | 健康ニュース

そろそろ花粉の季節です

ネットコラム - エキサイトニュース
今年の花粉は昨年の10倍!? 花粉症とは縁の無かった人も要注意


1月も半ばを過ぎると、テレビなどで「花粉症」の言葉を耳にするようになります。今年は、去年夏の記録的な猛暑のため例年の5~10倍の飛散量だとの予報もありますね。急に花粉が増えるシーズンは、それまで発症していなかった人が発症する可能性もあるので注意が必要ですね。

花粉症にいい精油といえば、ユーカリティートリーなどがあげられます。どちらもスーッとする爽やかな香りが鼻づまりなどの不快な症状を緩和してくれますし、ティートリーは免疫力を向上させる効果もありますので、花粉の飛散が始まる前から芳香浴などで利用しているといいかもしれません。アロマオイルを使える加湿器を利用すれば室内の花粉が舞い上がるのを防いでくれるのでなおいいですね。
また、症状がつらくて眠れないときはラベンダーやカモミールなど、安眠効果が高いものがオススメです。

とはいえ、アロマテラピーは薬ではありません。あくまで「補助的なもの」と考え、適切な時期に医師の診断を受けましょう。

健康と美容
[PR]
by juniper12345 | 2011-01-20 20:35 | 健康ニュース

インフルエンザ 新型も増加

健康 - エキサイトニュース

新型インフルも増加 昨年末、10週連続

 国立感染症研究所は7日、昨年12月20〜26日に全国約5千の定点医療機関から報告されたインフルエンザ患者数は9863人(1医療機関当たり2・06人)で、10週連続の増加となったと発表した。前週には全国的な流行入りをしている。これまでは季節性のA香港型のウイルスが多く検出されていたが、直近の報告数のまとめとなる11月下旬からの5週間では、新型がA香港型をやや上回った。



年末年始にかけてインフルエンザの感染者が増加していますが、A香港型が主流とみられていたのが新型が増加してきたようですね。

新型の場合、昨年度大流行したときは学校が中心だったので、感染者は若年者だったので、それ以外の年代は免疫が無いので注意が必要との事です。それに、昨年はかなりテレビのニュースなどで報道されていてマスクを付けている人が非常に多かったのですが、最近はあまり見かけません。インフルエンザを予防しようという意識が薄れているのかもしれませんね。

手洗いうがいも大事ですが、やはり食事と十分な睡眠が免疫力を高めてくれます。バランスのとれた食事としっかり睡眠をとることを心がけたいですね。
[PR]
by juniper12345 | 2011-01-12 20:40 | 健康ニュース

カラダに効くアロマオイル 「サンダルウッド」

本格的に冬の季節になってきました。風邪やインフルエンザもそうですが、この時期はいろいろ忙しくて体調を壊しやすい時期です。
こんな時期に活躍してくれそうなのが「サンダルウッド」です。

サンダルウッド(ビャクダン/白檀)は、よく「お寺の香り」と言われる、日本人にとってなじみ深い香りです。インドのアーユルベーダでは万能薬として、また中国の漢方でも使われてきました。古くから宗教儀式に使われてきたことからも分かるように、非常に鎮静(リラックス)効果の高いエッセンシャルオイルです。

主な作用としては、のどの痛みや咳など呼吸器系のトラブルに効きますので、つらいときにはアロマポットなどで焚いて香らせてもいいですし、マグカップなどに入れてそばにおいておくのもいいですね。

また、肌に対しては、ひびわれやあかぎれに効果があると言われています。ミツロウキャリアオイルでクリームを作ってこまめにぬれるようにしておくといいですね。かかとのカサカサにも効果ありです。

サンダルウッドの精油は粘度が高いため、寒い時期には出にくくなります。室温においてすこし温めてから使いましょう。
[PR]
by juniper12345 | 2010-12-21 20:23 | アロマ

今シーズンの新型インフル、乳幼児や成人に広がる恐れ

健康 - エキサイトニュース

本格的なインフルエンザ流行シーズンになりました。今年はすでにニュースになっているように「A香港型」が6割以上だそうですが、新型も3割ほどに上っているとか。
でも油断はできません。昨シーズン新型が流行したのは小中高校生などの若年層でしたが、それ以外の年代で抗体のない世代、乳幼児や成人に広がる可能性があるそうです。

昨年は徹底してマスクの着用や手洗いうがいが行われ、公共の建物・スーパーなどの人の出入りの多い場所ではアルコール消毒液が入り口に備え付けられるようになりました(手洗いうがいが徹底されたおかげでノロウィルスの発生が少なかった、という話もあります)。
しかし、今年はあまり意識が徹底していないように感じます。外を歩いてもマスクをしている人は少ないですし、人ごみや電車のなかで手も当てずにせきをしている人を多々見かけます。

日ごろから気をつけるところは気をつけて、体力や免疫力が低下しないように睡眠や休養をしっかりとることが大事です。
こちらでもご紹介しましたが、体温が下がると免疫力が低下しますので、正しい入浴と軽い運動などで体温をしっかり上げてインフルエンザにかからないように気をつけましょう。
[PR]
by juniper12345 | 2010-12-18 09:29 | 健康ニュース